[PR] キャッシング

美味しいマグロありマス

何度もつぶしては復活。 そろそろ飽きるかなぁ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンド・オブ・サンダー

20060209003fl00003viewrsz150x.jpg

A SOUND OF THUNDER
サウンド・オブ・サンダー

公開 2005年
配給 松竹
時間 102分

野生動物が絶滅した未来ではTIME SAFARI社が提供するタイムとラベルを利用した恐竜狩りが
高所得者の娯楽となっていた。政府公認のタイムとラベル管理局の厳しい管理化に行われて
いたはずであるが・・・・・。

タイムトラベルの鉄則
①過去にはどんな些細な変化も起こしてはならない
②過去に何も残さない
③過去から何も持ち去らない

SF小説の巨匠レイ・ブラッドベリの短編「いかずちの音」を、
『エンド・オブ・デイズ』の鬼才ピーター・ハイアムズが映画化したアクション超大作。
とあるが、近年まれに見る(?)CG合成がたくさん使われていた。
未来都市の景色も違和感が感じられるし、いたるところで出てくるモンスターも
なんともいえないものでした(笑)
よくよく考えて見ると(?)と思われるセリフも2,3・・・・。ネタばれの可能性
があるので気になる人はじっくりと考えながら見てください。

過去から持ち帰った1.3㌘がもたらした未来への進化。
歴史が変わった後の人類の最終形態が見れます(笑)
まぁ、なんですな、カオス理論の
「リオデジャネイロで蝶が羽ばたくと、数週間後にテキサスで竜巻が起こる」
まさにコレを字行く映画です。

B級アクション度
★★★
CG合成違和感度
★★★★★
変なモンスター度
★★★★
人類の進化を見られる度
★★

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tamanegiz.blog2.fc2.com/tb.php/28-d469c7e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。