[PR] キャッシング

美味しいマグロありマス

何度もつぶしては復活。 そろそろ飽きるかなぁ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MP600

t-basic.jpg

昔、プリンターを買った。
たしかヒューレットの商品で
なんだっけだっけなぁ、、、、当時カラー発色のよい
プリンターはインク代のことを考えるととても手が出なかったので
白黒でラーニングコストが安いプリンタを探していた。
日本橋の電気街をふらふらと歩いていて、ソフマップの前を通ったところ
きれいなお姉さんがたくさんいるではないか!!( ゚Д゚)y─┛~~
ってなわけで入店1名様。

興味があって色々と聞いてみたが(お姉さんのことじゃないよ)
最近のねーちゃんも勉強しているねぇ。俺の質問になんでも
ちゃきちゃきと答えてくれた。結局、一番気にしていたラーニングコストの面もきっちりと満たしてくれるこの子を購入した。それから10年。ようしトレイは引っかかってしまらないわ、はがきフィーダはどっかいくわCDラベル印刷も、ふち無し印刷も当然不可。
機能的にも完全に時代遅れになってしまったので新しい機種を検討することにした。そして、せっかくなのでプリンタ単体ではなくスキャナもついた複合機にすることにした。昔、ちゃんといいスキャナもっていたんだけど気がついたら姉貴にに盗られてしまったしなぁ。

どれを買おうか考えたが、だいたいは会社がきまっているからなぁ
エプソンかキャノンと考えたときにエプソンはどうもうるさいしガクガクうごくのが嫌だったし時々へんなウォームアップするのも気に入らなかった。そして、当時何が一番嫌であったかというとヘッドが本体と一体型であったこと。今はよく知らないけど当時はインクとヘッドが一体型を採用していたのでヘッドが壊れると本体ごと修理せなあかんかったのだ。

ただ、メリットはあった。ヘッドが一体型だったのでインクは安かったのだ。反対に俺が買ったhpのプリンタはインク自体にヘッドがついていたのでヘッドが壊れたらインクを交換するだけでよかったのだ。ただし、ヘッドがインクと一体なのでインク代は高くついたね。一方キャノンは早い静かということでhpの調子が悪くなる前から次に買う機種はキャノンと決めていた。

そこで、姉に相談。姉はどうやらそういう方面にコネがあるらしい。
1月の頃はお金があったので
「2月ごろに買うから手配しておいてぇ」
と連絡。すると、2月の頭に
「安く買えそうだけどどうする?」
とのメールが。俺はどうも面倒くさがりなところがあるのでほったらかしにしていると夜になって
「とりあえず買っておいたから」
とのメールが・・・・
驚いて次の日の昼に姉に電話すると
「あぁ、今晩あたりに届くから」
なに!?直接配送か!!
やられた!わが姉ながらやりおるわい。

ってなわけで以下MP600のセールス

MP600には心強い9のコンセプトが・・・・
①キレイ、かしこい「かんたん写真コピー」
原稿台に紙焼き写真を載せ、ボタンを押すだけでかんたんに
写真コピーがたくさんできるそうな。
さらに「複数原稿の自動切り出し機能+傾き自動補正機能」によって
効率よく写真を焼き増しコピーできるそうな。まだ使ったことないけど、確かにこの機能は便利だと思う。デジカメが普及した昨今だとなかなか使う出番がこないかもしれないけど昔の写をデジタル保存するときなんかは大変便利な気がする。

②出力枚数を節約する「両面コピー」
両面印刷ならぬ両面コピーか!!個人的にはあまり使わなさそうやけどね。

③絵葉書風コピー
一番よくわからない機能だがどうやらはがきに写真やメッセージを添えたい時、絵はがき風に自動的にレイアウトしてコピーしてくれるそだ。写真年賀状やあいさつ状なども手軽に作れるらしい。

④フチなしコピー
これは最近のプリンタだと大体ついてくるよね。あるあるな機能。

⑤現行の種類に合わせて自動濃度調整コピー
地色の濃い新聞や裏写りしそうな原稿、写真と文字入りの雑誌など、コピーしたい原稿に応じて最適なコピーが可能だそうです。裏写りしそうな現行の自動補正は便利やな、、、

⑥4in1、2in1コピー
これはワードとかでもおなじみの印刷機能と意味は同じ
呼んで字のごとく、4枚の写真(原稿)を1枚のエリアに印刷する機能。この機能は意外と便利で使えるのねん。

⑦自動変倍/定型変倍コピー
コピーしたい原稿がセットした用紙より大きい場合や小さい場合でも、用紙内に収まるように自動的に拡大/縮小コピーができる機能。

⑧DVD/CDレーベルコピー
しまった、今もっているブランクDVDディスクは
レーベルコピーに対応していない・・・(´・ω・`)ガッカリ・・・

⑨コピー前に確認できるプレビュー機能
原稿台にコピー原稿を置いたら、液晶モニタでコピー内容を確認できるプレビュー機能。まぁあれば便利なければないでも生きてはいけますよ(笑)

買ってからはじめて知ったのだが6色独立インク+ヘッドなのではじめの方で言ってた機械的構造のいいとこどりになっていた。独立インクなのでインク自体にヘッドがついているわけでないのでそんなに高くなることもないし、かといってヘッドが本体にくっついているわけでもないので、万が一ヘッドが壊れてもヘッドだけ修理・買い替えをすればローコストで維持できるのだ。

その他
ブルートゥ-ス対応・・・ブルートゥースの親機をプリンタにUSB接続すれば携帯電話などから無線で印刷画像を送ることができる。
PDF化・・・これは最近のスキャナにはほとんどついていると思うが俺はこの機能を結構利用するので大変重宝している。スキャナしたものを片っ端からPDF変換。特に、雑誌などをPDF化してUSBメモリに移していつでもどこでも見れるようにしている。あとはOCRソフトもついてくるので、色々と便利な使い方はできそうな一品です。結構気に入っています。

意外と本体が大きい点を除いて(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tamanegiz.blog2.fc2.com/tb.php/34-4c5419af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。